千早とアイマスとニコマスと

主についったーに生息するがいすととかいう人の日記だったはずが気づいたらSSとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

めりぃくりすます。

「クリスマス、ですね。プロデューサー」
「そう、だな。」
「欧米では、家族と一緒に過ごす日、だそうです」
「千早…」
「…ふふっ、やっぱりそんな顔する」
「そりゃあ、な。」
「いいんです、父や母とも連絡は取り合っていますし、最近は昔より冷静に考えられるようになりました」
「そう、か? 無理しなくていいんだぞ?」
「プロデューサーの前で無理なんて、しません。もちろんまだ思うところはあります。でも、大丈夫。…あなたが、いるから」
「千早…。」
「ふふっ。感謝してます、改めて。」
「それはこっちのセリフだよ。いつもありがとう、千早」

「ところで千早、プレゼントがあるんだが」
「プレゼント?」
「個人的な、プレゼントかな」
「あ…ふふっ、では、個人的にもらってしまいます。如月、千早として」
「実は期待してただろ?」
「そ、そんなこと…! …してました。」
「素直でよろしい。受け取って、くれるな?」
「もちろんです」
「ほら。開けて、みてくれ」
「これは…」
「ああ、あのとき迷ってたやつだ。」
「迷ってたやつ、って、ダイヤモンドじゃないですか…!」
「俺が稼げてるのは、千早のおかげだから」
「そんな、私だって、プロデューサーがいなければ」
「俺が、千早に返したかったんだ。千早のためだけじゃない、俺と千早のための、クリスマスプレゼントだ。」
「そう、ですか…?」
「ああ。受け取って、くれるな?」
「わかりました。…大切にします。あのプラチナの指輪と一緒に」
「人前でつけるのは、やめてくれ、な?」
「恥ずかしいから?」
「よくわかってらっしゃる」

「…プロデューサー、耳を貸してください」
「こうか?」
「メリークリスマス・フォー・ユー♪」
めりぃくりすます。…の続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「めるりゴールド」レポートに代えて

時系列順に出来事を面白おかしくまとめるというのがとても苦手なので、
オフレポとかいつも書いていないのですけれど。
それでも、ひとことだけ。


人を魅きつける力が、「魅力」だとするならば。

スタッフさんたちはほんとうに一人ひとりがものすごい人たちで、
イベントの成功は確かにそれなくしてはなかったと思う。
でも、だからこそ、そんな人たちを、そして総勢50名+場外1名の参加者を
魅きつけたことで、めるりPの「魅力」は、完全に証明された。

やっぱりすげーよ、めるりん。知ってたけど。


楽しかったです。
ありがとう。本当に。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

GARNET CROWと聞いて



ガーネットクロウ、しかもクリスタル・ゲージで来るとは!

onoP本人も書いていらっしゃいますが、
GARNET CROWで作るのは本当に難しい。
ノってダンスする、という類の曲ではなく(ダンスPVにしずらい)、
ストーリーが分かりやすく見えるでもなく(ミュージカル風PVにしずらい)、
歌詞をかみしめて世界観に浸るのが彼らの曲だから。

ポイントとしてはエフェクトとカメラ変更を両方多用することで、
アイドルとエフェクトのどちらも主張が強くならないようにしていること、なのかな。
アップで次々と変化する画面。
バラードの面影を残さない蒼い鳥。

押し付けず盛り上げず、不意に残酷なことを言うこの曲に、こうアプローチしてきたか、と。


完全に「曲補正」かかるのでまともなレビューはほかの方に任せますが、
とにかく見られて良かった。ありがとう。
あいます | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。