千早とアイマスとニコマスと

主についったーに生息するがいすととかいう人の日記だったはずが気づいたらSSとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

誕生祭

時雨Pのシリーズ、完結ですよ。


如月千早 『目が逢う瞬間』 -Hello to good-bye you to you-

前の記事も時雨千早だけど、あれは動画レビューなので。
これはシリーズへの感想。千早への祝辞と時雨Pへの謝辞に代えて。

「to the wonderful new world」には、
「時雨と千早の物語」という副題がついています。
それは時雨Pの物語であり、千早の物語であり、
そして「時雨Pと千早」の物語でもあります。

ここで私が語れるとすれば「千早の物語」についてでしょう。
感服したのは22話。


如月千早 -The day when she is to a cat-

この動画とセットになった話。
前半の展開といい、動画といい、「時雨P病気過ぎるwwww」
と思わせるように作ってあるのだけど、
そうやってニヤニヤ読んでる読者を、
話の最後で一気に「千早の危うさ=魅力」の核心に連れて行く。


P「これはこれで、よかったと思うぞ?」
千早「……」
P「まだ怒ってる?」
千早「……怒っている、というよりは、不安、です」
P「不安?」


ここからは私の解釈が入っちゃうけど、
千早が頑固なのは不安だから、なんですよね。
歌に対してあそこまでストイックに打ち込もうとするのも。
歌で相手に自分を認めさせないと、不安で仕方がないから。
もっと言えば、歌以外の「自分」に自信がないから。

でもそれではダメで。
自分がちゃんといて、それを歌にぶつけていく。
それができるようになって初めて、トップアイドルへの道も。
それが、千早の物語。

残りの要素については、TAKAPの記事がとても良かったので貼り。
私が書いたってこれ以上のことは何もいえないので。
【P紹介】 病名:如月千早~時雨P 【第二回】 

いやーとにかく、時雨Pお疲れ様です。そして千早、おめでとう。

ちなみに、冒頭の動画に青字のセリフつけたのは私です。
実は準備とか諸々に3時間ぐらいかかってたり。
せっかくなんでおまけとしてつけておきます。
普段の閲覧人数からして需要なんてないだろうけど。
誕生祭…の続きを読む
スポンサーサイト
あいます | コメント:0 | トラックバック:0 |

時雨P

何を隠そう千早スキーな私としては、
ここで時雨PのSS×MADに触れておかねばなるまい。
というか昨日の箱○星井熱も完全に時雨Pのせい。


まずは動画を貼っておきます。


如月千早 『蒼い鳥』 -The wing was there.-

wing(アルバム)もいいけど、どちらかを選ぶのならこっちだなあ。
ゴシプリナイト(衣装)は埋もれやすいけど、
それは似合うからこそみんな使っちゃうせいで。
ここでこの衣装を使ってくるこだわりだけでもグッと来ます。
Xm@sのときに「エフェクト多い作風は苦手」と書いたけど、
最近の時雨Pはちゃんとそこを乗り越えてきていると思う。
エフェクトはそれ自体の技術点で動画を飾るんじゃなくて、
あくまでも"アイドルを引き立てるもの"として使ってほしい。
そこに近づいてきてくれているなあ、と思います。
ブログによるとダンスシンクロメイン路線は苦手分野らしいですが。
SSももちろんオススメだぜ。好みは分かれちゃうだろうけど。

それから、「外伝」的な春香との関係。


如月千早×天海春香 -Is a rival;a friend-


如月千早×天海春香×765プロオールスターズ-audition!!-

SS読んでなくてもこの2本はセットで見て欲しい。
十分ストーリーを感じられるはず。
あいます | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。