千早とアイマスとニコマスと

主についったーに生息するがいすととかいう人の日記だったはずが気づいたらSSとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

誕生日、おめでとう。

「おはよう、千早」
「おはようございます」
「改めて、誕生日、おめでとう。」
「…ありがとう、ございます。」

今日は千早の誕生日。小鳥さんの計らいもあって、仕事はオフをもらっている。
もちろん千早にもそのことは伝えてある。
それに。

「千早、どこに行きたいか、決まったか?」

どこでも、千早の行きたいところに連れて行ってやる。そう、約束していた。
一時期の異常なまでのストイックさは影を潜め、
最近は、時折女の子らしい甘えを見せるようになっていた千早。
そんな彼女への、ささやかなプレゼント。

「誕生日、どこか千早の行きたいところへ行こう。どこがいい?」
1週間前にそう尋ねたとき、千早は真剣に考え込んでいた。
以前の彼女なら「レッスン」と即答していたところだ。
この変化は成長と読んでいい、と思う。
そしてそのまま答えを保留されて迎えた、今日。千早の、誕生日。

「…どこにも、行きたくありません」
「待て待て、千早。これは俺からのプレゼントであって」
驚いて再考を促そうとする俺に、千早は微笑してかぶりを振った。
「プロデューサー、私…1日くらい、うちで、あなたと…ずーっと、一緒にいたい…です。いけませんか?」
そう言って、不安そうにこちらを見る。
「いけなくは、ない、けど…。本当に、それでいいのか?」
「もちろんです。その…」
「俺が側にいたらそれでいい?」
「…っ!そ、そういうわけでは」
冗談めかして言ったつもりだったが、千早は真っ赤になってうつ向いてしまう。



「本当に、これでよかったのか?」
「信じて、くれないんですか?」
「そういうわけじゃないけど」
「…しあわせ、です」
少し、恥ずかしいけれど。
「そ、か」
「こんなのわがままだって、わかってはいるのですが」
「かわいいちーちゃんのわがままならいくらでも聞くぞ?」
「…もうっ。」
悪い気は、しないけれど。
「悪い悪い、茶化さずに聞きます」
「ふふっ。まあいいです」
「ごめん」
この人は本当に申し訳なさそうな顔をする。
話しても、大丈夫。

「私、スケジュールのない日が、欲しかったんだと思います」
「スケジュールのない日、か」
「はい。わがままなんですけど」
「わがまま、かな」
「わがままです。毎日のスケジュールは、プロデューサーが私のために考えてくれたものですから。」
「それは、そうだが…」
「それは私が望んだこと。トップアイドルを、一流の歌い手を、目指すために。」
「うん」
「それなのに、スケジュールのない日が欲しいなんて。わがままです」
プロデューサーはにやりと笑う。
「そうか。確かに、わがままだな。千早は、わがままだ」
「はい。わがままなんです、私。プロデューサーが、気づかせてくれた」
「うん」
「それに、わがままでいてもいい、ということにも」
「うむ。但し、俺に対してだけにしてくれよ?」
「…はい」

話がそれてしまった。本当はもう少し、伝えたかったことが。
迷いから生じる、不自然な沈黙。
「続き、聞かせてくれるか?」
驚いて見上げると、2つの瞳がのぞきこんでいた。
「まだ喋り足りないって顔してる」
「え」
「違うか?」
「違い…ません」
プロデューサーは、目を逸らそうとしない。

「私…プロデューサーに、私のスケジュールのことじゃなくて」
「うん」
「私の仕事や、私のための外出のこと、それに、私の誕生日のことでもなくて」
「うん」
…しばしの沈黙。じっと、こちらを見つめているプロデューサー。

その瞳をもう一度確認して、決心した。言おう。


「あなたに、私のことだけを、考えていて、ほしかったから」


言った……!高鳴る鼓動に身を任せる。
顔が紅潮するのにも構わず、伝えられた満足感に浸る。
と、次の、瞬間。


唇が、重なった。


「プロデューサー…」
「考えてるよ。千早のことだけを」
涙を溜めて言うプロデューサーを見ていたら、
知らず、笑みが、こぼれた。
時が止まってしまえばいいのに――

2月25日。特別な日。
私の、誕生日。
太陽はまだ、空高くにある。
誕生日、おめでとう。…の続きを読む
スポンサーサイト
SS | コメント:2 | トラックバック:1 |

補遺・取り上げ切れなかった批判

昨日の記事は分かりやすさ重視で議論の本流だけに絞ったので、
取り上げきれなかった批判もたくさんあります。
バラバラの議論になりますが一応拾ってはいたのでまとめておきますね。
とりあえず全部Cさん批判の文脈です。

面白ければいいんじゃない?

これは中目黒Pの批判。

ニコマスの、もっと枠を広げてニコニコ動画の何よりもニコニコなポイントは

・まさかこんなニッチなネタ(曲、元ネタなんでも)を考える奴が俺以外に居るとは思わなかったぜ、兄弟!

な、マイノリティ同士が出会えること、だと自分は思うのでスゴイ動画にすべく、どんどん無駄な労力をつぎ込んでほしいし、1000人のPがいたら1000人のツボを見て共感できるものは共感して、そうでないものはスルーして、時にはイベントで泣いて笑って、続いていってほしいと画面の向こうでにやついてます。

極端な話自分以外の誰か一人にでも仕込んだネタが伝わったら(私がやってた動画を例にするなら「この場所を切ってくるとは」とか、ね)それで十分ニコニコできるって人は多いんじゃないかな。わかんないけど。

そんなんじゃ俺の大好きなニコマスは衰退して消えてなくなっちゃうんだよ!とか言うならだれかが言うように自分で火を灯すしかないし、2008年あれだけやりつくした感があったはず(あくまで自分の主観として)なのに、2009年まだまだリニアに投稿動画数が増えてる現状を見る限りそう簡単に消えないと思ったりしてます。



頑張ってオブラートに包んでいらっしゃいますが、
オブラートを取っちゃうとこれは実は一番ラディカルな意見。

「面白い」のテンプレがあるわけじゃなくて、テンプレに迎合しないでそれぞれがニッチを突き進んでこそまれにドカンとあたるものが出てくる。それでニコマスが縮小するならそれも仕方ない。

ということですよね。


導線を確保すべし

端的にはnakaha-tさんのコメント。

ニコマス以外からの導線をどう確保するかが問題



花見川さんもこの文脈ですね。
言葉を補いつつまとめると、

「つまらないジャンル」という評価を払拭するには、作品の質よりも導線の確保が重要。

といったところでしょうか。


内輪かどうかは関係ない


yosoさんのコメント。

内輪の評価基準と外部の評価基準が異なる時どうするか。基本的には好きにやればいいと思うんですけど、そのコミュニティ内で内輪での評価基準に従わない人を蔑んだり排除しようとする動きがあったとしたらそれはマズいと思います。それの行き着く先は内ゲバです。
ただ、ののワさんがアイマスから出てきて、人気を博しているというのを見る限りその心配はなさそうですけど。それともののワさんの動画を作っている人はコミュニティ内で浮いていたりするのですか?



これは私のまとめだと論点5への明確な異論ですね。

内輪の評価基準と「バラエティとして面白い」が離れていることから、「バラエティとして面白い」作品が減ることは帰結しない。

といったところでしょうか。


この記事ではニコニコできないんですが

最初にコメントにこれを書いてるのはdamehumanoidさんで、
この意見はほかにも多数の人が表明しています。

この記事でニコニコできる人はいるのかな。
そりゃあここはニコニコ動画じゃないけれど。



ようは内容でなく文体への批判ですね。
私のまとめに即して書き直すと、

この記事は「バラエティとして面白い」から外れているから自己矛盾している。

といったところか。

これについてはたぶん次のが応答になってる。

僕は文章書くのが仕事、みなさんは動画作るのが仕事です。


これ自体がかなり煽りっぽくなっちゃってますが、文脈に沿って解釈するなら

ニコマスMADには「バラエティとして面白い」が必要だけど見る専ブログについてはそうではない。

となるはず。
まあどっちにしろこの点に関してはニコマスそのものとは特に関係ないです。
ブロガーとしてお互い譲りがたいところがあるのは分かりますけれども。


ニコマス衰退論が衰退を加速させる

これは特におっホイさんがかなり強く言ってる。

自分が好きな物が衰退していくのを、何度も見ました。

コミュニティが出来て、作品が出来、それを楽しむ時間。作る側も消費する側も、そのコンテンツを中心にワイワイやっている時間。

この時間に終わりを告げるのは、「レベルが高くなりすぎて、作り手の新陳代謝が落ち、ワンパターンにはまった時」と、言われています。

違うね。もう一つだけある。

「俺、作品つまんね。」

って宣言。

ろくに作品を吟味することもせず、自分の見える範囲だけでその世界を語り、まだまだ成長する余地のある世界を潰したのは、この言霊。

本人は、その世界に活を入れる為に言ったと言うでしょう。

しかし、その界隈で、アクセスされることが多い人物がそれを言うことによって、壊れた世界って、あるんです。

その怖さを分かっていますか?


これは元がかなり分かりやすいのでまとめるまでもないですが、

ニコマス衰退を加速させるのはニコマス衰退論それ自体だ。

ということですね。だから黙っとけよ、と。
これも同意見の方が散見されたようにおもいます。



とりあえずこんなところですかね。
前の記事ほど分かりやすい流れにはなってないけど、
せっかくのメモがもったいないので公開しました。以上。
未分類 | コメント:3 | トラックバック:1 |

はじCさんの記事はなぜ炎上したか

副題:Cさんがやってくれないので分かりやすく語り直してみる。

ニコニコできないアイマスMADに未来はにい@はじめてのC お試し版

議論が錯綜しているように見えてよく対立を吟味すると実り多いのでまとめ。
ブコメで「ディスコミュニケーション」とかいわれているけどそんなことないよ。
お互いに分かった上で平行線をたどっているだけ。


「はじめてのC」元記事の主張


まずはわざとらしく煽り口調な元記事の内容の要点を簡潔に取り出してみます。
順番も分かりやすいように変えてるところがあります。

単純な話、アイドルマスターMADが面白くないんだよね。少なくともつまらないジャンルだと思われてるよね。



論点1:ニコマスはつまらないジャンルだと思われている。


アイドルマスターMADは残り部分、バラエティ枠のパイ争いに参加するしかないんだけど、私見ではこっちでも先行き暗いんじゃないですかね。この状態が続く限り。面白くならない限り。だって楽しくないバラエティってCMより不要でしょ。



論点2:「つまらない」というのは、「バラエティとして面白くない」という意味だ。「バラエティとして面白い」動画が必要だ。

ただ綺麗なだけじゃ三日で飽きるよ。「すごい」だけじゃダメなんだ。「楽しい」じゃないと。ついでに、凄くて可愛いのはもうバンナムが作ってくれてる。



論点3:「バラエティとして面白い」ためには、「凄くてかわいい」だけじゃダメで、「楽しい」が必要。


普通の視聴者を沸かせるのは面白エンターテイメントですから。そもそもコメント少ないことを自慢に思ってませんかね。コメントのない動画なんてZoomeで見た方が良いですよね。ここを勘違いしたせいで今じゃCA職人も寄りつきませんよ。



論点4:「楽しい」が必要だというのは、たとえば「コメントの余地のない完璧な動画」でなく、「思わずコメントしたくなる」動画が必要だということ。


身内で褒め合ってるうちにダメなサイクルに入っちゃうのをダサイクルって言うんですって。ニコマスってこれに嵌ってるよね。



論点5:「バラエティとして面白い」MADが減っているのは、内輪での「凄くてかわいい」への評価が高く、製作者がそれを意識しすぎるからだ。

おもろうてやがて悲しって僕の好きなパターンなんですけど、ついでに僕って単なる感想文ブロガーなんですけど、僕に思い出話のブログ記事ネタを提供したくなければ、どうかPの皆さんは現在制作中のMADに、少しでもニコニコできる要素が含まれてるかどうか確認してみてください。



結論:以上の理由で、このままじゃニコマス縮小しちゃうよそんなの嫌だよ

大きく分けると以上6つぐらいの論点がある。
迷走しているように見えるコメ欄も、どの論点への批判なのかを考えると、
実りのある議論になっているように思えます。


「迎合」する必要はあるのか


もっとも議論が紛糾しているのが、論点2への批判です。
「バラエティとして面白い」作品を目指すべきなのか否か。
ここに関しては議論が平行線をだどっている。
ただその平行線を浮き彫りにしておくことには意味があると思うのでやってみます。
例えば仮面P(id:nyaa1)の次のコメント。

大切なのは、ランキング上位に入ることだけじゃないでしょうに。
個性・好みの分散する世の中、その好みに適したものをきちんと届けるのが大切。


これが批判の中でももっとも中心をなすもので、
cocoonPやきゃのんPのコメントもこれと同様のものだとみなせる。
まとめると、

批判1ーA:「バラエティとして面白い」という、視聴者全体に共通の評価軸を提示するのは不可能。視聴者にはそれぞれの「好み」があるだけで、それに合ったものをそれぞれが探すしかない。


更にuranさんが付け加えるのが次の論点。

こういうのランキングに固執するのが「楽しい」なら別に
止めはしませんし楽しめばいいと思いますが、今のニコマス
ファンは逆に「楽しさ」だけに重視するなら離れるような気
がせんでもないです。


批判1-B:「バラエティとして面白い」という共通の評価軸を仮定してみんながそこに迎合してしまうと、逆におもしろくなくなる可能性が高い。

これは実際にいくつかの同人作品がたどった道だとしてブコメで指摘されてもいます。

さらに仮面Pは「埋もれ」というキーワードを持ち出します。

私が以前書いた記事です。
「埋もれることへの反抗 いや違う!埋もれることが問題なんじゃないんだ!」 http://d.hatena.ne.jp/nyaa1/20080204/p2


本当はリンク先の記事から引用すべきですが、
ここでは「埋もれ」というキーワードを確認できればよしとします。
おそらくここで仮面Pがいいたいのは次のようなこと。

批判1-C:「バラエティとして面白い」という軸を前面に出すことは、「埋もれと嫉妬」問題を蒸し返すことだ。ずっと議論されてきて、今になってようやくみんな乗り越えつつあるのに。


これらの批判に対してはじCさんが新たな反論を加えてはいません。
強いて挙げるなら次の一言。

話題ループを認めるくらい去年から何も進歩してない。
人だけは減った。


応答A:批判コメントのようにやってきた結果、事実として人が減った。

「だから変えなきゃいけない」のか、「それでもこのままでいい」のか、
議論が平行線をたどっているポイントはここにあります。
どちらがいいのかは分かりません。


見る側と作る側


これは記事の主旨にはないコメント欄の議論ですが、
ここにはじCさんの主張が強く滲んでいるように思うので取り上げておきます。
これも最初に提起するのは仮面P。

バラエティとはいうけれど、子供向けな低俗ギャグや下ネタでウケをとるのがニコニコ動画のランキング主流ですし、そこに一緒になってくだらないものを作るよりは好きなものを作ることを目指すのがPたちであり、ニコニコ動画のうp主たちなんですよ。


批判 B:「バラエティとして面白い」というのは見る側の要請でしかなくて、作る側が「バラエティとして面白い」ものを作りたいと思わないなら仕方ないんじゃ?

これについては同様の意見を持たれた方もきっと多いことと思います。
私も最初はそう思いました。だからCさんの書き方は的外れだと。
でもはじCさん自身にとってはそうじゃない、重要な問題だった。

嫌われるのは承知で書きますが「作り手と見る側」って単純な二分化でカタを付けようとするのはあもりにも思い上がりが過ぎると思う。こんなご時世、誰だってある場面では見る側だし、別の場面では見せる側でしょう。アイマスPはそれほど特別なものじゃない。


この発言には前提として、はじCさんにとっての「作り手のモラル」がある。
そしてその上でそれを共有してほしい、ということでしょう。
そのようなことを勝手に汲み取って再構成すると、応答は次のようになる。
応答B:「見てもらえるものを作りたい」という意識を持つのが作品を公開する作り手のモラルだ。

まとめに代えて
といったところで議論をたどってみましたが、むずかしいですね。
みんなニコマス大好きなことだけはすごくよくわかるんだけど。
自分の意見はまた余裕があったまとめたいですが、既にタイミング逸しているような。
未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

めりぃくりすます。

「クリスマス、ですね。プロデューサー」
「そう、だな。」
「欧米では、家族と一緒に過ごす日、だそうです」
「千早…」
「…ふふっ、やっぱりそんな顔する」
「そりゃあ、な。」
「いいんです、父や母とも連絡は取り合っていますし、最近は昔より冷静に考えられるようになりました」
「そう、か? 無理しなくていいんだぞ?」
「プロデューサーの前で無理なんて、しません。もちろんまだ思うところはあります。でも、大丈夫。…あなたが、いるから」
「千早…。」
「ふふっ。感謝してます、改めて。」
「それはこっちのセリフだよ。いつもありがとう、千早」

「ところで千早、プレゼントがあるんだが」
「プレゼント?」
「個人的な、プレゼントかな」
「あ…ふふっ、では、個人的にもらってしまいます。如月、千早として」
「実は期待してただろ?」
「そ、そんなこと…! …してました。」
「素直でよろしい。受け取って、くれるな?」
「もちろんです」
「ほら。開けて、みてくれ」
「これは…」
「ああ、あのとき迷ってたやつだ。」
「迷ってたやつ、って、ダイヤモンドじゃないですか…!」
「俺が稼げてるのは、千早のおかげだから」
「そんな、私だって、プロデューサーがいなければ」
「俺が、千早に返したかったんだ。千早のためだけじゃない、俺と千早のための、クリスマスプレゼントだ。」
「そう、ですか…?」
「ああ。受け取って、くれるな?」
「わかりました。…大切にします。あのプラチナの指輪と一緒に」
「人前でつけるのは、やめてくれ、な?」
「恥ずかしいから?」
「よくわかってらっしゃる」

「…プロデューサー、耳を貸してください」
「こうか?」
「メリークリスマス・フォー・ユー♪」
めりぃくりすます。…の続きを読む
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「めるりゴールド」レポートに代えて

時系列順に出来事を面白おかしくまとめるというのがとても苦手なので、
オフレポとかいつも書いていないのですけれど。
それでも、ひとことだけ。


人を魅きつける力が、「魅力」だとするならば。

スタッフさんたちはほんとうに一人ひとりがものすごい人たちで、
イベントの成功は確かにそれなくしてはなかったと思う。
でも、だからこそ、そんな人たちを、そして総勢50名+場外1名の参加者を
魅きつけたことで、めるりPの「魅力」は、完全に証明された。

やっぱりすげーよ、めるりん。知ってたけど。


楽しかったです。
ありがとう。本当に。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。